セラミックCeramic

従来は、虫歯で治療した箇所は銀色になってしまうというのが前提でしたが、近年は天然歯のような白い材料で治療することが可能です。特に、セラミックやハイブリッドセラミックと言われる素材が、強度や色合いの点から人気が高まっています。

セラミックはこのような方におすすめ

  • 白い被せ物に新調したい
  • 口元を綺麗にして印象を変えたい
  • 周囲に被せ物だと気付かれたくない
  • 金属アレルギーが心配・・・
  • 銀歯の歯茎の色が気になる

セラミックとは?

セラミックとは?

セラミックとは、どの家庭にもある「陶器」と同じ素材です。天然歯のような透明感と高い審美性、強度を併せもっているため、歯科治療の材料に使用されています。

セラミックのメリット・デメリット

メリット

  • 審美性と耐久性に優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 生体親和性が高く、体に優しい
  • 変色せず、汚れがつきにくい
  • 歯茎が変色することがない

デメリット

  • 力が加わる場所によっては欠けることがある
  • 歯を大きく削る必要がある
  • 強度がある反面、噛み合う歯がすり減る場合がある
  • 保険適用外になるため、費用がかかる

金属アレルギーの方へ

金属アレルギーの方へ金属アレルギーの方へ

全てセラミックでつくられる「オールセラミック」とよばれる被せ物は、金属を使用しません。金属を使用しない治療を「メタルフリー治療」といい、アレルギーを起こす心配がないため、金属アレルギーの方にも安心して選択していただくことができます。

また、金属アレルギーは長年の蓄積によっても発症するケースがあるため、メタルフリー治療はアレルギーを予防することにも繋がります。

被せ物の寿命を延ばすために大切なこと

歯の修復物をつくるとき、一番大切なのは被せ物を支える「基礎」となる部分をしっかりつくることです。家に例えると、基礎となる柱の部分で、歯科では歯茎の治療や根の治療、被せ物の土台となる部分を綺麗に形成する治療が基礎にあたります。

耐久年数を決める「基礎」

被せ物の寿命を延ばすために大切なこと

このような治療には、何度か通院が必要になりますので、「いつになったら被せものが出来るのだろう・・・」と思われるかもしれませんが、被せ物の耐久年数は全て基礎にあると言っても過言ではありません。基礎からしっかりと丁寧に治療していきたいと考えておりますので、治療内容やスケジュールについてご質問、ご希望等ございましたらご遠慮なくご相談ください。

費用・料金について

費用・料金について

セラミックは、自費治療になるため保険治療に比べて高くなります。高額だと感じやすい自費治療ですが、費用だけで治療を選択するのではなく、長期的に使用することやそれぞれの治療のメリット・デメリットを比較して選択してみてください。

まとめ

  • セラミックは強度や色合いに
    優れている
  • 金属アレルギーが起きる心配がない
  • 変色せず、汚れがつきにくい
  • 被せ物の耐久年数は基礎治療で
    決まる

診療時間・アクセス

所在地
〒604-8006
京都府京都市中京区下丸屋町407-2
ルート河原町ビル3F
TEL
075-241-0817
診療時間
11:00~14:00 / 15:00~20:00(平日)
9:00~12:30 / 13:30~18:00(休日)
休診日
日曜・祝祭日
駐車場
御池地下駐車場をご利用ください。
(当院には専用駐車場はありません)
アクセス
地下鉄東西線「京都市役所前」駅徒歩3分
京阪電鉄「三条」駅より徒歩6分
 
11:00-14:00 -
15:00-20:00 -

▲=9:00〜12:30 / 13:30〜18:00
休診日 : 日曜、祝祭日